利点がある

書類を渡す

事務所レイアウトについては、その空間を何人が使用するのか、接客の室や個室についての検討、1人当たりの面積などを計算します。 什器備品やOA機器について購入するのか既存の品を使うのか、内装工事はどうするのか、具体的に配置プランの検討を行います。 業務がそれによって効率化できるのか、IT関係の電源や配線、許容電力量のチェック、省エネできるところは例えば蛍光管をLEDの直管に取り替えることでそれを実現することが出来、電気料金も削減できます。 スペースにゆとりを持たせることでゆとりも生まれ、行動しやすい空間にも生まれ変わることが出来ます。 企業の業務内容によって、あるいは部署ごとにその機能的な形態は変わって来ます。

事務所レイアウトについては有名な建築家にそのレイアウトを依頼する場合も多いとされています。 これによってブランドイメージも向上し、人材獲得の役割も果たすことに繋がるとされています。 事務所レイアウトでプランニングに拘るのは社外へのアピールの役割と共に社員の心理や意識にも大きな影響を与えるとされています。 最近は従業員の満足度アップにも繋がり機能的であるために移動距離も最短で行え、ストレスの量も軽減させる効果を持つとされています。 執務空間であると同時にリフレッシュできる空間、あるいはコミュニケーションの場でもあるので自由にアイデアを出せたり、リフレッシュと気持ちの切り替えが出来て心理的にもくつろぎが生まれます。事務所レイアウトでこれらはトレンドになっているようです。